FX初心者 FXトレード方法

FXのトレード方法には「スキャルピング」「デイトレード」「スイングトレード」「ポジショントレード」「長期保有」の5つのスタイル
があり、ポジションの保有期間や1回の取引でどのくらいの利幅を狙うかによって分けられます。



スキャルピング

数分~数時間の超短期間の取引を行い、数銭の利益を得る方法です。
レバレッジを利用して1日に何度も取引を繰り返し、利益を上げていきます。

デイトレード

数分から1日で取引を終わらせる方法です。
得られる利益は数十銭~1円程度。
FXは24時間売買可能ですが、デイトレードではその日のうちに決済してしまうので、
夜、寝ている間にレートの心配をしないで済むという利点があります。

スイングトレード

数日から数週間かけて取引を行う方法です。
仕事などで頻繁にレートの確認が出来ないというような方にオススメです。
ポジションの保有期間が長いので、ゆっくり取引することができます。
利益は「スワップポイント」で得ることになります。





ポジショントレード

数週間から数ヶ月の長い期間をかけてじっくりと取引をしていく方法です。
スイングトレード同様、レートを頻繁に見る必要がなく、また、他のトレード方法より利幅が大きく、
レバレッジの低い取引にも向いています。
利益は「スワップポイント」で得ることになります。

長期保有

数ヶ月以上、時には数年かけてポジションを保有する方法です。
これも利益は「スワップポイント」で得ることになります。

「スキャルピング」や「デイトレード」は短期トレード、「スイングトレード」や「ポジショントレード」は中期トレードと呼ばれ、
それぞれにメリット、デメリットがあります。
短期トレードでは、為替相場を常にチェックしていなければならず、1日に数銭~1円程度の利益にしかなりませんが、
損失も小さくて済みます。
中期、長期トレードでは、利益が大きくなりますが、損失も大きく、また長期化する可能性もあるのです。

自分のライフスタイルや投資資金をよく考えて、ぴったりの投資スタイルを選びましょう。